I weave

  1. 囚われの鳥

    ある所に、とても傷ついた鳥がいた。羽は痛み、力も衰え、倒れそうになっていたその時、その鳥は籠を見つけた。籠の中には一匹の鳥が居た。そして、傷ついた鳥を優しく介抱してくれた。今まで傷つきながら頑張っていた鳥は、その中で安らぎを感じ、癒されて行った。籠の中に居た鳥も、癒されて行った。

    続きを読む
  2. 運命のイタズラ

    こちらガーディアンA36。ターゲットA-1038456を補足、彼の好みの、北海道物産展を企画、店内に誘導しました。了解、こちらガーディアンD27。

    続きを読む
  3. 欠陥ロボット

    お前は欠陥品だ!そう言われて、研究所を追い出されたロボットは、街を彷徨続けながら、人々に聞いてまわっていた。自分は欠陥品だそうです。しかし研究所を追い出された今、自分の何処に欠陥があるかわからなくなってしまいました。自分の何処が欠陥なのか教えてもらえませんか?と。ある人はいった。

    続きを読む
  4. 変わらない何か。

    あるところに仲良しのエビとカニがいた。二匹は、姿かたちは違うけれど、なんとなく似た部分があり、とても気があった。違うところと言えば、エビは、自分の殻は柔らかく、繊細と感じており、カニは自分の殻は固く、力強いと感じていた。

    続きを読む
  5. 不思議な霧の世界

    その山の奥には、願いが叶う、不思議な霧の世界があると伝えられていた。言い伝えによると、二人の人間がその霧の世界の中で、同じ願いを思うとそれが実際に現れるという。ある日、村の、仲の良い二人の男女が、その言い伝えを確かめて来ると友人に伝え、村をあとにした。

    続きを読む
  6. 朽ちない塔

    ある町に、塔を積み上げる男がいた。ある日突然、塔を積み上げはじめたその男の行動を不思議に思った友人は、何故そんなことをするのか?と男に聞いてみた。

    続きを読む
  7. 映し合う世界

    あるところにネズミの兄弟がいたネズミの両親は、ある時、人間に捕まってしまい、籠に入れられ、連れ去られてしまった。難を逃れた兄弟は、支えあってなんとか暮らしていたが、生まれたばかりの弟は、未だ外の世界を良く知らず兄に頼る一方。

    続きを読む
ページ上部へ戻る