ブログ

創造の世界

太陽が地球に出会った時、不思議と惹かれあった。

けれど、自分のその大きさ、熱量は、近づき過ぎると、地球を溶かし込んでしまう。

それ故、地球を愛する太陽は、今の距離で、輝き、地球を暖めることにした。

その結果、様々なものが産まれ、それを育みあった。

月が地球に出会った時、不思議と惹かれあった。

けれど、地球に近づき過ぎると、自分を保てず、地球を傷つけてしまう。

それ故に、地球を愛する月は今の距離で、地球を回り、地球にリズムを与え、闇夜を照らすことにした。

その結果、様々なものが産まれ、それを育みあった。

ある人がある人に出会った時、不思議と惹かれあった。

お互い、相手を溶かし、焼き、ぶつかり、傷つき、近づき、離れ、色々な体験をした。

その経験から、自分を知り、相手を知り、愛する相手との、心地よい距離、関係性を見いだし。そこから様々なものが産まれ、それを育みあった。

Follow me!

投稿者プロフィール

Ryu
Ryu
ストーリーアーティスト

目の前の出来事や兆し、流れ、作品、風景から感じたエネルギーを、詩や物語、寓話として、文字や言葉として表現している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る